看護師あるある体験談

嫌味や言い方がキツイ!悪口ばかりで怖い先輩看護師への対処方法

病棟に1人や2人、必ずいますよね。

嫌味を言う人、悪口を言う人、口が悪い人。

私も嫌な思いをたくさんしました。

嫌味を言われて、
「何でお前にそんな事、言われないといけないんだよー!」
って思ったり、

理不尽に怒られて、
「ムカつくーーー!!!」
って心の中で絶叫したり(笑)

気分が落ち込んだ日は、

「私はなんでこんなにできないんだろう」

「看護師に向いていないんじゃないか…」

そんなことばかり考えてしまう憂鬱な毎日。

すい
勤務終わりはよく1人で泣いていましたね(笑)

でも、相手の行動を変える事はできません。

だから自分の考え方や捉え方を見直して、自分が傷付かないように意識してみると、気持ちが楽になりました。

もし対処方法を実践しないままでいたら、きっとメンタル崩壊して看護師を続けられていなかったと思います。
私が意識した事は3つ。

  • 嫌味を言われても気にしない
  • 「こういう人もいるんだな」と割り切る
  • 時には「逃げること」も大切

毎日怖い先輩に怯えている人、職場の人間関係に悩んでいる人に向けて、自分の心を守るための対処法を紹介します。

また、辛くて仕事を辞めたいと思っている新人看護師さんはこちらの記事参考にしてみて下さいね。

こちらも読まれています


新人看護師の「毎日辛い…」「辞めたい…」を乗り越える方法

日本看護協会による調査で、日本における看護師の離職率は、常勤看護師で10.9%、新卒看護師で7.6%という結果が出ました。 正規雇用看護職員、新卒看護職員の離職率の推移 ●2016 年度の正規雇用看護 ...

続きを見る

【実話】本当に怖かった先輩看護師ワースト3


メンタルが崩壊しかけたぐらい、強烈だった3人の先輩看護師を紹介します…!

言い方がキツイ…口が悪い先輩看護師

新人だった頃に苦手だった先輩看護師Aさん。

Aさんは仕事が早く、よく気が回るタイプ。

だから私の仕事の遅さや必死な様子にイライラしていたのかもしれません。
私に対して言い方が、とにかくキツイ!
新人にとって報告・連絡・相談は絶対。

A先輩に受け持ち患者の状態を相談すると…

「…で?何?」「それで?」

「その報告、意味あんの?」

報告をすると必ず怒り口調で返されるので、報告や相談することが怖くなってしまいました。

すい
新人だったから報告の仕方や内容が不十分だったかもしれないけど…

今は自分で考えて判断できますが、その頃はまだ一人で判断するできるほどの自信もないので、先輩に相談するしかない状況…。

A先輩が指導に当たる日は仕事に行くのが本当に嫌で、毎回仕事に行く前お腹が痛くなる…。

すい
身体が仕事に行くのを拒否しているとしか思えない…!

いつも悪口や愚痴ばかり言っている先輩看護師

先輩看護師Bさんは仕事中ずっと愚痴と悪口ばかり。

「○号室の△さん、ホントうるさい。治療が嫌なら入院して来るな。」と患者さんに対する愚痴や、「はぁー最近夜勤忙しいから、嫌なんだよねぇー。」と仕事の愚痴。

時には同じ病棟の同僚の悪口を言っている時もありました。
「○さん、目が魚なのに再婚できるんだね。」と本人がいないところで外見をバカにしたり。

すい
常に愚痴ばかりで怖かったです

聞いていて、不愉快になることばかり。

平気で人の悪口を言ったり、噂話をしてしました。

ナースステーションで堂々と話しているため、嫌でも聞こえてくるので、すごく気分が悪かったです。

それに、私も陰で悪口言われているのかな…と怖くなりました。

チクチク嫌味を言う先輩看護師

私は20歳から正看護師として病院で働いているのですが、配属になった病棟は30代の看護師ばかりで20代は1人もいませんでした。

そんな中に1人、20歳の私が配属になったので、年齢や若さのことをチクチク言われ続けました。
特にC先輩は強烈で…

「いいよねぇ、若くて。まだ20歳だから疲れないでしょ~?」
「若いと、可愛がってもらえるし得よねー。あはは。」

すい
目は全然笑っていない…!!

若いことに嫉妬しているようで、何かにつけて年齢や若いという事をチクチク言われ続けました。

自己防衛のために私が発見した怖い先輩看護師への対処方法


怖い先輩看護師に散々言われ、ムカついたり落ち込んだり、メンタルは崩壊寸前でした。

でもその先輩たちと付き合っていく中で、自分の心を守る為の対処方法を3つ見つけました。

そのおかげで、看護師を続けられています。

同じように悩んでいる方、参考にしてみて下さいね。

怖い先輩看護師への対処方法①:嫌味を言われても気にしない

初めは言われた嫌味にムカついていました。

「年齢関係ないじゃん!!」
「いちいちうるさいなーーー!!!」って。

でもそのうちにむかつくことも無くなりました。

言っている事を「聞き流して」気にしないようにしたんです。

「相手は私の若さに嫉妬しているんだ。」

「羨ましいのよね~!」

と考えるようにしました。

言われた事1つ1つにイライラしたり、傷ついていたら自分の心が疲れてしまいますよね。

そこで「聞き流す」ことがすごく大切!

言っていることを適当に聞き流すことで、いちいち気にならないようになりました。

怖い先輩看護師への対処方法②:「こういう人もいるんだな」と割り切る

悪口や愚痴ばかり言っている人、キツイ言い方しかできない人には

「こういう人もいるんだな」

「人を蔑んだり、相手を思いやった言い方のできない可哀想な人」

と開き直るようにしました。

「こういう言い方しかできない人だからしょうがない!」と割り切って、表面上は「はい、すみませんでした。」と謝る。

でも心の中では「新人イジメが好きな可哀想な人」と相手にしないようにしました。

悪口や愚痴も「あーはいはい、また言ってるよ。」と受け流すように心がけています。

怖い先輩看護師への対処方法③:「逃げること」も大切

聞き流したり、気にしないように意識しているけど、それでも先輩とのやり取りで心が疲弊してしまっている人は部署移動するのも一つです。

先輩とのやりとりで非常に辛い思いをしていて、心身に不調をきたしていることも伝えましょう。

関わるのが苦手な先輩がいなくなるだけで、仕事が楽しくなることはよくあります。

しかし移動の相談をしても実際に移動できるのは何カ月も先だったりすることもあります。

すでに精神的に追い詰められている場合は、病気になる前に退職・転職を考えましょう。

勤務する病院を変えて、周りの人間関係をリセットする事で、本当に気持ちが楽になりますよ。

人間関係が良くなると仕事にも前向きに取り組めるようになり、やりがいも感じられるでしょう。

転職は怖いと思っている人もいるかもしれません。

「今よりもっと労働環境が悪かったらどうしよう」
「新しい職場が不安」

でも病院は星の数ほどたくさんあります。

自分に合った病院は絶対に見つかりますので、一つの病院に固執せず退職・転職という手段も考えましょう。

私が初めて転職した時の経験をまとめていますので、参考にしてみて下さいね!

こちらも読まれています


看護師になって初めての転職に不安だった私でも転職が成功した5つのマイルール

看護師をしていると、人間関係やスキルアップ、ライフスタイルの変化などの理由で、転職を考える事ってありますよね? Twitterを見ていても、転職に悩む看護師の呟きがたくさん見られました。 私も看護師で ...

続きを見る

また転職に関する相談はこちらの「何でも相談室」に気軽にコメントして下さいね。

怖い先輩看護師への対処方法まとめ

ポイント

・言われたことを間に受けず、聞き流す
・我慢せずに部署移動や転職をして逃げる

人間関係を理由に部署を移動したり、転職する看護師はたくさんいます。

新しい職場で楽しく仕事ができるように考える事は決して悪いことではありません。

自分がつぶれてしまう前に、楽しく仕事ができる環境を見つけて下さい。

病院選びを失敗したくないなら

「次に働くところは職場の雰囲気が良くて、楽しく続けられるところがいいな。」とお考えの方は、ハローワークや求人誌ではなく、大手の転職サポートサービスを利用した方が失敗しません。

登録数が多いので、わがままな条件も通りましたし、条件交渉もしてくれます。

それに、転職に成功・失敗した先輩たちの体験談も事前に分かるので、病院選びの参考にもなりますよ。

※クローズドの求人もあるので、複数のサービスに登録すると選択の幅が広がります。

インスタグラムをご利用の看護師さんへ

投稿へのコメントはインスタグラムのDMへお願いします。すいのアカウントはこちらから。また、ストーリーズや投稿で や「#ナースハック」のタグ付をしてくださるととっても嬉しいです^^

新人看護師におすすめの記事

1

日本看護協会による調査で、日本における看護師の離職率は、常勤看護師で10.9%、新卒看護師で7.6%という結果が出ました。 正規雇用看護職員、新卒看護職員の離職率の推移 ●2016 年度の正規雇用看護 ...

2

以前、こんなツイートを拝見しました。 受け持ち患者さん多くなったり、やることが多いと、頭ぐちゃぐちゃなる。仕事も遅いし(笑)何からどーゆう順番でやって行くのが良いのかとか考えられんー。自分で考えてる? ...

3

1年目の時最大級に苦手だったのが、 \\申し送り// 長いと露骨にイライラする先輩 ツッコミまくりの先輩 報告も申し送りも怖くて、余計うまく伝えられず悩んでました… そんな私が心掛けてやった事 &#x ...

4

新しい配属先が決まり、いざ病棟勤務が始まると、身体的にも精神的にも毎日キツイですよね…! そんな状態でも先輩看護師からは 「これは勉強してきた?」 「この根拠は?」 などと質問攻め! すい病棟に行くだ ...

5

無事、国家試験に合格し、一安心したのも束の間…。 4月から始まる看護師としての新生活に不安を感じている看護学生の方も多いのではないでしょうか? 「ちゃんと一人の看護師としてやっていけるだろうか…。」 ...

6

看護師は1日の限られた時間の中で、その日予定されている業務を全てやり切らなければいけません。 毎日の業務には、検温、清潔ケア、輸液管理、入院などのルーチン業務。 その他にも、それぞれ患者の計画に沿った ...

-看護師あるある体験談

Copyright© ナースハック , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.