コラム

【新型コロナ拡大】人もマスクも足りない医療現場の実態

新型コロナウイルスの感染拡大で、医療機関にも深刻な影響が出ています。

中でもマスクやガウン、手袋といった感染防護具の不足が深刻で、その影響は日に日に大きくなってきました。

私が働いている職場でも十分な感染防護具を備蓄できていないのが現状です。

医療従事者が感染症の患者さんを看護する上で、自分の身を確実に守ることができないのは本当に怖いことです。

現場の看護師からも不安の声がたくさん上がっています。

この記事では、コロナウイルスの拡大によって深刻な影響が出ている実態やアンケートの結果など現場のリアルな声を紹介します。

物資に余裕のある医療関係者様へお願い

物資が不足していて困っている医療機関へ、物資のお裾分けを募集しています。

マスクや手袋、ガウンなどを購入したくてもなかなか手に入れることができません。

感染防護具が十分に無い状態で、業務を強いられている看護師が大勢います。

もし、物資に余裕がある方や医療機関様がありましたら、あたたかいご支援をお願いいたします。

募集中
【受取希望者募集中】医療現場に寄付してくださるマスク・グローブ・ガウン一覧

当ブログでは、個人や医療機関の方が「医療現場にマスクやグローブ、ガウンなどの医療用具」を寄付(または販売)してくださる方と医療用具が不足している医療機関とを繋ぐ取り組みを行なっています。 皆様のご協力 ...

続きを見る

【コロナウイルス感染拡大中】医療現場のリアルな実態


コロナウイルスの拡大によって、医療機関には様々な影響が出ています。

すい
私も看護師になって7年経ちますが、このような異常事態は初めてです。

過酷な医療現場の「今」を紹介していきます。

マスクに使用制限がある


マスクが本当に足りません。

今までは自由にマスクをもらい、午前午後で付け替えたり好きに交換することができていました。

それが今では1日1枚の配給制です。

今は1日1枚で保てていますが、在庫が減ってくれば2・3日に1枚、1週間に1枚…という風になってくるでしょう。

現在すでにマスクの使用に制限がある医療機関は大変多いです。

コロナウイルス疑いの患者さんが入院していたり、感染症患者を多くみている医療現場でのマスク不足は本当に深刻な問題です。

手袋やガウンなどの物資も不足している

足りていないのはマスクだけではありません。

ガウンや手袋などの感染防護具も不足しています。

友人の職場では、使い捨てのエプロンが十分に無いためにごみ袋使っているという話を聞きました。

必要最低限の感染防御すらもまともにできていないのです。

すい
この現状は本当に辛いです…。

医療従事者にも大切な家族がいます。

自分自身も感染したくありませんし、自分が感染源となって家族にうつしてしまうかもしれない恐怖も感じています。

そうならないためにも自分の身をしっかり守って安心して看護業務ができるようになってほしいです。

圧倒的にマンパワーが足りない

物資と同じくらい現場は人も足りていません。

特に新型コロナウイルス感染症の患者のケアには通常よりも手厚いケアが必要となります。

コロナ対応の看護師に人員を割くことになり、他の患者さんのケアや対応に当たる看護師が不足になってしまうのです。

つまり、通常よりも看護師の人数が多く必要になるため、圧倒的にマンパワーも不足しているのです。

患者さんの安全を守るためにも看護師の人数はとても大事です。

また、コロナの患者さんを受け持つあるいは、コロナ疑いの患者さんをみるというのは精神的なストレスや疲労感もすごく大きいです。

すい
ギリギリの人数で勤務を回していると看護師も疲弊してしまいます。

日本看護協会が国へ要望書を提出


このような医療現場の深刻な状況を受け、3月30日に日本看護協会は厚生労働省や内閣府へ要望書を提出しました。

こちらは4月3日に開いた記者会見の様子です。

この要望書で訴えていたことは3つ。

  • 看護師が足りない
  • 感染防護具が足りない
  • 訪問看護に事務手続きの簡略化

1日も早くこの事態が解消されるような対策を実行してほしいと思います。

【アンケート】マスクやゴム手袋などの物資に余裕がある医療機関はあるの?

先日twitterでアンケートをさせていただきました。

物資が足りていないところが圧倒的に多いですが、多少余裕があるという所もあるようです。

マスクなどの物資に余裕のある方、医療機関のみなさまへ


もし、物資に余裕のある方や医療機関がありましたら、今感染防護具が無くて辛い思いをしている医療機関へお裾分けをお願いできないでしょうか?

国や著名人の方の寄付などの支援の話も出ていますが、「今日明日でもう物資が無い」「何とか使いまわしてやっている」そんな所がたくさんあります。

そこで当ブログでは、個人や医療機関の方からの「医療現場にマスクやグローブ、ガウンなどの医療用具」を寄付(または販売)してくださる方と医療用具が不足している医療機関とを繋ぐ取り組みを行なっています。

詳しくはこちらの専用ページからよろしくお願いいたします。

募集中
【受取希望者募集中】医療現場に寄付してくださるマスク・グローブ・ガウン一覧

当ブログでは、個人や医療機関の方が「医療現場にマスクやグローブ、ガウンなどの医療用具」を寄付(または販売)してくださる方と医療用具が不足している医療機関とを繋ぐ取り組みを行なっています。 皆様のご協力 ...

続きを見る

まとめ:一丸となってコロナの危機を乗り越えたい

人も物資も不足している異常事態。

最前線で働いている看護師も、そうではない看護師も、みんなで一丸となってこの危機的状況を乗り越えていきたいと思っています。

今自分にできることをやっていきましょう。

でも現状が辛い・しんどいと悩んでいる人はでも絶対に無理しないで下さい。

こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

こちらも読まれています


【新型コロナによる医療現場の現状】看護師が抱える不安と働く上で注意したい3つのこと

新型コロナウイルスが日本でも流行しはじめ、在宅ワークや活動・営業自粛を勧める動きが大きくなってきました。 でも私たち看護師や医師、技師さんなどは在宅ワークでの仕事はできません。 先日「新型コロナウイル ...

続きを見る

すい
もし、相談できる場所がなければ、看護師専用のオープンチャットを利用してみてください。

下の記事では、看護師のかたが自由に意見を投稿したり、悩みを共有できるクローズドのコミュニティを紹介しています。

看護師さんしか参加できない(看護学生含む)ので、自由にエントリーしてくださいね^^

【LINE】OpenChatは匿名でOK!新人看護師や看護学生の語り場「ナースちゃっと」

このブログでは「お悩み相談室」だけではなく、SNSのダイレクトメッセージから、悩み相談のメッセージを頂く機会が多くなってきました。 悩み相談をしながら私が感じた事は、 周りに相談出来ずに1人悩みを抱え ...

続きを見る

他にも看護師の役に立つ経験談や情報を書いています。

もっと詳しくブログを見てみたいという方はトップページからぜひ、ほかの記事も検索してみて下さいね。

病院選びを失敗したくないあなたにおすすめ

「次に働くところは職場の雰囲気が良くて、楽しく続けられるところがいいな。」とお考えの方は、実際に勤めている方の声が聞ける次のサービスを利用することをおすすめしています。

全て大手の求人サイトなので安心して利用できますよ。

インスタグラムをご利用の看護師さんへ

投稿へのコメントはもちろん、ストーリーズや投稿で すいのアカウントや「#ナースハック」のタグ付をしてくださるととっても嬉しいです^^

新人看護師におすすめの記事

1

日本看護協会による調査で、日本における看護師の離職率は、常勤看護師で10.9%、新卒看護師で7.6%という結果が出ました。 正規雇用看護職員、新卒看護職員の離職率の推移 ●2016 年度の正規雇用看護 ...

2

以前、こんなツイートを拝見しました。 受け持ち患者さん多くなったり、やることが多いと、頭ぐちゃぐちゃなる。仕事も遅いし(笑)何からどーゆう順番でやって行くのが良いのかとか考えられんー。自分で考えてる? ...

3

1年目の時最大級に苦手だったのが、 \\申し送り// 長いと露骨にイライラする先輩 ツッコミまくりの先輩 報告も申し送りも怖くて、余計うまく伝えられず悩んでました… そんな私が心掛けてやった事 &#x ...

4

新しい配属先が決まり、いざ病棟勤務が始まると、身体的にも精神的にも毎日キツイですよね…! そんな状態でも先輩看護師からは 「これは勉強してきた?」 「この根拠は?」 などと質問攻め! すい病棟に行くだ ...

5

無事、国家試験に合格し、一安心したのも束の間…。 4月から始まる看護師としての新生活に不安を感じている看護学生の方も多いのではないでしょうか? 「ちゃんと一人の看護師としてやっていけるだろうか…。」 ...

6

看護師は1日の限られた時間の中で、その日予定されている業務を全てやり切らなければいけません。 毎日の業務には、検温、清潔ケア、輸液管理、入院などのルーチン業務。 その他にも、それぞれ患者の計画に沿った ...

-コラム

Copyright© ナースハック , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.