退職・転職

【退職できない看護師に向けて】退職するために大事な5つのステップ

「退職の意思を伝えたら、自分が辞めたら周りに迷惑がかかると言われ、引き留められている。」

「退職の話が進まない。」

私自身も退職をするとき、このようなことがありました。

辞めたいのに、辞めさせてもらえないのは本当に辛いです。

何度も面談を重ねるうちに精神的にもしんどくなります。

中には退職することを怒られたり、非難されたり、退職させないように強引な引き留めを行うところも少なくありません。

しかし、このままずるずると働いていても自分にとって良いことは1つもありませんし、退職することは悪い事ではありません。

この記事では、スムーズに退職することが難しい看護師でも、退職できる5つのステップを紹介します

円満退職するために大事なポイントはこちらの記事で詳しく紹介しているので、参考にしてみて下さいね

こちらも読まれています

退職交渉に苦労して実感!円満退職したい看護師が避けるべき絶対NGの3つのルール

結婚・子育てや転居、スキルアップなど様々な理由で転職を考える事があると思います。 他にも人間関係が悪い、残業が多いなどの要因も考えられますね。 Twitterでも看護師の転職に関するつぶやきが見られま ...

続きを見る

【経験談】師長に退職を受理されず退職が決まらない

新卒で約5年間勤めた病院を退職する際、初めて退職交渉を経験しました。

私が勤めていた病院では、退職の希望がある人は夏までに申告しないと年度末で退職ができない院内ルールがあったので、私が師長に退職を申し出たのは8月頃。

多少引き留めはされるだろうけど、退職する半年も前に申し出ているので、問題なく退職が受理されると思っていました。

ところが、師長と面談した時に言われたこと。

「退職?辞めてしまうのもったいないわ~」

「年度末以外の退職は認められない」

「有休1週間あげるわ。だからもう少し働いてくれないかしら?」

「残っているスタッフに迷惑がかかる」

こんなに早く申し出ているのに、全く聞いてもらえず。

退職時期も「年度末退職以外認められない」の一点張り。

そして「有休を使わせてあげる」の一言。

私は退職したいと伝えているのに。

すい
有休は退職を申し出たからではなく、普段から使わせてほしい。

結局師長との退職交渉3回と看護部長との面談。

何とか退職が受理されましたが、何度も行う退職面談でメンタルがボロボロになりました。

退職する権利は労働者にあるものなのに、スムーズに退職ができないのです。

このように、退職交渉が難航する職場は少なくありません。

なぜ退職交渉は難航するのか

実際に退職交渉をした中で、看護師がスムーズに退職できない理由は3つあると感じました。

医療現場は常に人手不足

退職が受理されない1番の理由は、人手不足。

スタッフが1人、2人でも辞めてしまうと、シフト勤務が回せなくなってしまうところも少なくありません。

医療現場は常に人手不足です。

すい
もっとスタッフがいたら、休みも取りやすいし仕事ももっとやりやすいのにと思ったことありますよね。

管理者はなるべく辞めてもらいたくありません。

そのため、強引な引き留めや、情に訴えかけて退職を先延ばしにしようとしてきます。

委員会や係など年度途中で退職されると困る

私は年度の途中で退職したので「委員会や係など年度途中で退職されると困る」ということを師長に何度も言われました。

ただ、その時私が担っていたのはプリセプターや主要な委員会の委員ではありません。

そんな私でもそれを理由に、年度途中の退職を引き留められたので委員会や係をしている人はますます退職が難航してしまうでしょう。

すい
もし事前に今年度で退職を考えているという場合は、看護研究やプリセプターなど大事な役割は外してもらえるように年度初めに申し出ておくと良いでしょう。

師長の保身

以前同僚から聞いたのが「退職者が多いと師長自身の評価が下がるから、退職者は出したくないんだよ」という話です。

自分の病棟で退職者が出てしまうと、自分自身の評価が下がってしまうため退職を食い止めようとしているとのことでした。

このような師長の保身は、私が経験した職場ではどこもあったので少なくないことだと思います。

退職者が多いのは、その職場環境を作っている師長の責任ということでしょう。

そのため、看護部長と面談までいかず師長の所で足止めを食らうことがあります。

退職できない看護師が退職するために大事な5つのステップ

退職交渉が難航し、面談を繰り返し経験から「退職するため大事な5つのステップ」を紹介していきます。

固い退職の意思を持つ

退職を申し出ると

「今辞めるのはもったいない」

「この病棟には、あなたが必要なのよ」

など情に訴えてくるパターンがあります。

また、私のように

「今任されている仕事はどうするの」

「あなたが辞めるとみんなに迷惑がかかる」

などと言われ、怒られたり、怖くてこれ以上何も言えなくなるというパターンもあります。

どちらの場合も大事なのは「退職するという固い意志」です。

何を言われても動じない固い意志を持って、退職交渉に臨みましょう。

そのためにもなぜ退職するのか、退職理由を明確にしておくことも重要ですね。

院内規則を事前に確認しておく

なるべく円満に退職するためにも、退職に関する院内の規則はしっかり確認しておきましょう。

私がいた職場のように、退職の意思を伝えてから退職するまでに数ヶ月かかる場合もあります。

転職される方は次の職場で働き始める時期も考える必要があります。

いつ退職を申し出れば希望する時期に辞めることができるのか、スケジュールを把握する上でも必ず確認しましょう。

すい
師長から院内規則に乗っ取っていないと、阻止されるのも防ぐことができます。

退職の意思は師長にのみ伝える

退職の意思を伝えるときは、師長あるいは上司にのみ伝えましょう。

きちんと師長に報告する前に、同僚たちから伝わってしまってトラブルになるのを避けるためです。

看護部長へ直接退職の許可をもらいに行く

基本的には師長から退職の許可をもらってから、看護部長に許可をもらうのが正しい順番です。

しかし、師長と退職の面談をしていても話が進まない、進展がない時は、看護部長に直接退職の許可をもらいに行くという方法もあります。

ただ勝手に、看護部長に退職の話をしてしまうと師長はいい気がしないでしょう。

今まで築いてきた信頼関係が崩れてしまう可能性があり、円満に退職することが難しくなります。

そのため、まず師長に退職の許可をもらうべきだと思います。

看護部長への直談判は切り札にしておきましょう。

すい
この方法は取らずに退職するのが1番ですね。

退職を申し出た証拠を持っておく

退職を申し出ているのに一向に退職が受理されない、話が伸展しないなど退職交渉が難航している場合は、退職を申し出た証拠として「退職願」を提出しましょう。

いつ退職を申し出たのか、言った言わないの水掛け論にならないために、退職の意思表示として形に残る「退職願」は有効です。

また、面談した日や面談で話した内容も日付と時間を書いて記録に残しておくのも良いと思います。

本気で退職したい人は退職代行サービスを利用して即日退職

本来退職ができないのは法律上でもありえないことなのですが、看護師業界の中では辞めさせてもらえない、引き留めにあっていて退職交渉が進まないなどはよくある話です。

実際、私も何度も退職することを怒られたり、咎められたりしました。

その言葉を聞いているうちにメンタルもかなりやられてしまいました。

退職の意思を何度も伝えているのに、退職が受理されずズルズルと引き延ばされている人や、退職することを咎められ精神的に辛い状況にいる人は「退職代行サービス」を利用する方法があります。

退職代行サービスは、本人に代わって退職の処理をしてくれるサービスのことです。

退職代行サービスを利用することで、今まで強い引き留めに合っていた方もスムーズな退職が可能になります。

中には「お世話になった職場なのに退職代行サービスを使うなんて非常識」と感じる人もいると思います。

しかし、退職の意向をしっかり聞いてくれて、退職の時期を話し合い退職ができれば何も問題はなかったのです。

退職代行を検討しているくらい、今追い込まれているということ。

職場に少なからず迷惑がかかると思いますが、それは100%あなたの責任ではありません。

自分のことを最優先して考えてあげてくださいね。

また、看護師の転職サイトの担当さんも退職交渉についてのアドバイスをしてくれます!

できるだけスムーズで円満な退職ができるように、一人で悩まず経験豊富なエージェントさんに相談するのも1つの方法ですよ。

すい
私も交渉方法や退職の相談をさせてもらい、とてもお世話になりました。

私が利用して良かった転職サイト様はこちらの記事でまとめていますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

こちらも読まれています

【初めての転職でも安心】病院選びを失敗したくない看護師にオススメの転職サイト3選

転職って人生の大きな決断だから失敗したくないって考えますが、それが1年目や2年目の社会人が行う「初めての転職」ならなおさらです。 それは看護師にとっても同じです。 「転職したけど、結局前の職場より労働 ...

続きを見る

まとめ:退職できない看護師でも諦めずに退職交渉しよう

  • 固い退職の意思を持つ
  • 院内規則を事前に確認しておく
  • 退職の意思は師長にのみ伝える
  • 看護部長へ直接退職の許可をもらいに行く
  • 退職を申し出た証拠を持っておく

いつまでも退職できずズルズルと痛くない職場にいるのは時間がもったいないです。

退職を決意したら、ブレることなくスッキリと退職しましょう。

そして、自分が働きたいと思う次の職場へ、一歩を踏み出せますように

私が、理想の転職先を見つけることができたのは転職活動を人ではなく、複数の転職サイトのエージェントさんと一緒にできたからです。

私がお世話になった転職サイト様はこちらの記事でまとめているので参考にしてくださいね。

こちらも読まれています

【初めての転職でも安心】病院選びを失敗したくない看護師にオススメの転職サイト3選

転職って人生の大きな決断だから失敗したくないって考えますが、それが1年目や2年目の社会人が行う「初めての転職」ならなおさらです。 それは看護師にとっても同じです。 「転職したけど、結局前の職場より労働 ...

続きを見る

こちらも読まれています

看護師が【好条件の求人】を見つけるために大事な3つのポイント

「看護師はどこの職場も人で不足だから、いつでも転職できるよね。」 「引く手あまたでしょ?」 とよく聞きますし、言われたことがある人もいるのではないでしょうか? 私も実際に転職を考え始めた時「どこも看護 ...

続きを見る

病院選びを失敗したくないなら

「次に働くところは職場の雰囲気が良くて、楽しく続けられるところがいいな。」とお考えの方は、ハローワークや求人誌ではなく、大手の転職サポートサービスを利用した方が失敗しません。

登録数が多いので、わがままな条件も通りましたし、条件交渉もしてくれます。

それに、転職に成功・失敗した先輩たちの体験談も事前に分かるので、病院選びの参考にもなりますよ。

※クローズドの求人もあるので、複数のサービスに登録すると選択の幅が広がります。

インスタグラムをご利用の看護師さんへ

投稿へのコメントはインスタグラムのDMへお願いします。すいのアカウントはこちらから。また、ストーリーズや投稿で や「#ナースハック」のタグ付をしてくださるととっても嬉しいです^^

新人看護師におすすめの記事

1

日本看護協会による調査で、日本における看護師の離職率は、常勤看護師で10.9%、新卒看護師で7.6%という結果が出ました。 正規雇用看護職員、新卒看護職員の離職率の推移 ●2016 年度の正規雇用看護 ...

2

以前、こんなツイートを拝見しました。 受け持ち患者さん多くなったり、やることが多いと、頭ぐちゃぐちゃなる。仕事も遅いし(笑)何からどーゆう順番でやって行くのが良いのかとか考えられんー。自分で考えてる? ...

3

1年目の時最大級に苦手だったのが、 \\申し送り// 長いと露骨にイライラする先輩 ツッコミまくりの先輩 報告も申し送りも怖くて、余計うまく伝えられず悩んでました… そんな私が心掛けてやった事 &#x ...

4

新しい配属先が決まり、いざ病棟勤務が始まると、身体的にも精神的にも毎日キツイですよね…! そんな状態でも先輩看護師からは 「これは勉強してきた?」 「この根拠は?」 などと質問攻め! すい病棟に行くだ ...

5

無事、国家試験に合格し、一安心したのも束の間…。 4月から始まる看護師としての新生活に不安を感じている看護学生の方も多いのではないでしょうか? 「ちゃんと一人の看護師としてやっていけるだろうか…。」 ...

6

看護師は1日の限られた時間の中で、その日予定されている業務を全てやり切らなければいけません。 毎日の業務には、検温、清潔ケア、輸液管理、入院などのルーチン業務。 その他にも、それぞれ患者の計画に沿った ...

-退職・転職

Copyright© ナースハック , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.